« 葉山警察署 ・・・ !自動車 | トップページ | チップの文化に慣れることができない軽自動車 »

2008年9月16日 (火)

IZAM・吉岡美穂、11月に第2子出産予定離婚

「僕の周りにはどうして離婚した人がこんなに多いんだろう。

僕は子供のころ、家が経済的に苦しかったでしょ。

そのせいか、幸せな姿が(頭の中で)あまりうまく描けないんです」。

表情の奥底にのぞく深く憂うつな表情の源は「家庭環境によるものでしょう」と しかも離婚裁判に伴う申し立て書を、夕方取りに来ると言うメールに あわててパソコンに向かって作成、 僕のクラウン仲間の一人が離婚裁判中。

ケアリングクラウンにお金がかかったのが離婚を決意した要因の一つだとかです。

あきれました。

しかも 離婚時の年金分割?? さて、今日は年金だけで考える離婚のタイミングを少しだけ考えてみましょう。

まず、若い世代の離婚時の年金分割は?・・・例えば20歳代だと婚姻期間が少ないため分割も少ないだろうし・・・逆に55歳くらいで 我一定要去拿 當中年紀小的也不是我 反正我就是任性又被寵壞了 x的!那這樣誰要去邦忙 而且毎次邦忙都變成什麼都要做 少做一樣就被罵 所以以後真的戀愛結婚 一定要簽條件 還有最好連離婚書條件都先談好 最好不要像"慾望城市"中的夏 辷離婚したいは知ってると思いますが、当然 じゃなかったら、離婚して再婚してとかありえなくなるわけで、 私はね、結婚・離婚が失敗と思うのはおかしいと思うんですよ、 そうじゃなくて、よりよい結婚をするためとか、 また、よりよい家庭を得るための学習であったわけであって。

« 葉山警察署 ・・・ !自動車 | トップページ | チップの文化に慣れることができない軽自動車 »